笑う昆虫

都会に暮らす昆虫の写真を中心に意外な生態などを紹介

プロフィール

牛蒡の花

Author:牛蒡の花
部屋にスズメガが飛んで来たら半パニックになってしまうし、それがもし、チョコレート色に黒光りするスバッシッコイ奴だったら、太い声の悲鳴を上げて逃げ出してしまいます。刺すワケでも噛み付くワケでもないのになんで怖いのか自分でもわからない。なのに虫が好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安比奈運動公園

_DSC0745.jpg

ヌスビトハギ

_DSC0750.jpg

キバナコスモスとヒメアカタテハ

いま、この公園はコスモス畑が見事に満開。台風13号は大丈夫か心配ですね。何しろ、増水すると川の中になってしまいます。

_DSC0753.jpg

_DSC0758.jpg

_DSC0760.jpg

キタテハ 

_DSC0754.jpg

ツマグロヒョウモン

_DSC0751.jpg

ハスモンヨトウ
昼間は土の中に隠れていて、夜に盗みにくるから夜盗峨というのだが、真っ昼間から一生懸命ムシャムシャしていました。

_DSC0749.jpg

_DSC0762.jpg

なんのさなぎだろう?→ゴマダラチョウの抜け殻(多分!?)

ずっと調べていたのですが、中々見つかりませんでした。
おかげで、蛹の勉強ができました。
蛹になると殆どの組織が一度ゼリー状に溶けてしまい、短期間で再構成し直すそうです。
つまり、まさに生まれ変わるんですね!
改めてスゲーと感心しました。
モンシロチョウやアゲハ系は、逆さにならずに、腰ベルトで、体を固定。
シジミ系は、マルっこく、どちらかというと蛾の蛹っぽい感じ。
で、逆さ吊りにぶら下がるタイプは、タテハ系とジャノメ系。
形が近いのはゴマダラチョウとオオムラサキ。
目と翅の間にジッパーみたいな線があるので、多分ゴマダラチョウ。
食草はエノキ。そうか、ここにゴマダラチョウがいるんだ。
まもなく10月だから、来年かな?
探してみよう!

_DSC0764.jpg

サツマノミダマシ♂ ♀は腹(?)が大きく丸いらしい。

_DSC0773.jpg

ヤマシロオニグモ♂
あぐらをかいて、腕を上げて優しく微笑むおじさんに擬態?そんなわけないか。

_DSC0772.jpg

コゲチャオニグモ♀
随分コンパクトにまとめあげたポーズ!へんなカッコ。

_DSC0788.jpg

コモリグモの仲間?

_DSC0800.jpg

ホオズキカメムシ
チョット大きめなカメムシ。羽根を広げると真っ赤な腹が。だから、飛んでるときも、赤い虫に見えます。

_DSC0797.jpg

_DSC0792.jpg

_DSC0782.jpg

マユタテアカネ

_DSC0790.jpg

_DSC0793.jpg

ミヤマアカネ
スポンサーサイト

comment

#No title
猫山さま

今朝、バイクで通勤途中、川越郊外の自宅付近の田んぼで、曼珠沙華の写真を取りました。稲は、大分頭が重くなっていました。あぜ道に赤く奇麗でしたよ!
#こんにちは
マリーゴールドかと思ったら、コスモスなんですね。
群生していて綺麗ですね~*+
最近はブログで見る花写真は彼岸花やコスモスが主役に変わってきましたね。
秋を感じます(^0^)
  • by:猫山
  •  | 2008/09/22/14:13:27
  •  | URL
  •  | Edit

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。