笑う昆虫

都会に暮らす昆虫の写真を中心に意外な生態などを紹介

プロフィール

牛蒡の花

Author:牛蒡の花
部屋にスズメガが飛んで来たら半パニックになってしまうし、それがもし、チョコレート色に黒光りするスバッシッコイ奴だったら、太い声の悲鳴を上げて逃げ出してしまいます。刺すワケでも噛み付くワケでもないのになんで怖いのか自分でもわからない。なのに虫が好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏森神社の蝉の声

気がつくと、蝉の声が聞こえない。
今は午前10時過ぎ。
まだ昼間は汗ばむくらいなのに…。
耳を澄ますと、時折アブラゼミがどこか遠くで鳴いている。
元気が無いし、サイクルが短い。
カカリの悪いぽんこつエンジンみたいな鳴き方だ。
朝晩の冷えで、蝉達のエンジンも
中々かかりにくいようだ。
蛇崩れ緑道の桜並木も葉が落ち始め、いよいよ秋に入ったのかな。
なんて浸っていると、セカンドサマーとかいう、
夏の再来の様な日が来たりして…。

結局、この地では、ツクツクボウシは個体数が少なかった。
アブラゼミが6割、ミンミンゼミが3割、
ツクツクボウシが1割ってところか。
ニイニイゼミも鳴いていたのかなぁ?
先週、等々力渓谷に出かけたとき、久しぶりに
ニイニイゼミを見かけた。
ニイニイゼミってどんななきごえだったかな?
ひと周り小さくて、頭でっかち。
羽根があるからかろうじてバランスをとっているが
羽根をむしったら、かなり愉快な姿になりそうだ。
ニイニイゼミの抜け殻がどれも泥まみれなのはなんでだろう。

昼12時をまわって、ミンミンゼミもかろうじてエンジン始動。
ガンバレ!元気出せ!あきらめるな!!と応援したくなる。







スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。