笑う昆虫

都会に暮らす昆虫の写真を中心に意外な生態などを紹介

プロフィール

牛蒡の花

Author:牛蒡の花
部屋にスズメガが飛んで来たら半パニックになってしまうし、それがもし、チョコレート色に黒光りするスバッシッコイ奴だったら、太い声の悲鳴を上げて逃げ出してしまいます。刺すワケでも噛み付くワケでもないのになんで怖いのか自分でもわからない。なのに虫が好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川越郊外と入間川河川敷

カラスウリ
からすうり
市街地のちょっとした空き地など、人の生活圏内で比較的多く見られることから、かつて人間の手によって植えられたとも言われています。クズの様に根から食用にできるでんぷんがとれるそうです。
 雄花だけを付ける雄株と雌花だけを付ける雌株があり、スイカの様な実は、秋になるとオレンジ色に色づきます。果実の中に入っている種子は「打ち出の小槌」に似ている事から財布の中に入れて福徳を願うという習慣もあります。

 同じカラスウリ属の黄色い果実を付けるキカラスウリの根から採取されるでんぷんは「天瓜粉・天花粉(てんかふ ん)」と呼ばれ、あせもなどの薬や白粉(おしろい)として利用されてきました。

キカラスウリ

キカラスウリ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。