笑う昆虫

都会に暮らす昆虫の写真を中心に意外な生態などを紹介

プロフィール

牛蒡の花

Author:牛蒡の花
部屋にスズメガが飛んで来たら半パニックになってしまうし、それがもし、チョコレート色に黒光りするスバッシッコイ奴だったら、太い声の悲鳴を上げて逃げ出してしまいます。刺すワケでも噛み付くワケでもないのになんで怖いのか自分でもわからない。なのに虫が好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白金自然観察園

8月20日、午後から、少し時間が空いたので、近くの自然観察園に出かけました。
無謀でした!暑さと、日差しに、植物たちもげんなり。やはり、この時期は朝か、夕方近くがいいですね。汗をかいた倍の水分補給をしてしまいました。

オオモンクロベッコウ_

オオモンクロベッコウ2_

オオモンクロベッコウ
大型のイオウイロハシリグモなどに麻酔をかけて巣に運んで食べるそうです。
この日は、暑さにへばって腰掛けたベンチのすぐ横で、へばっていました。(嘘)
一生懸命、お尻をこすりつけていました。
産卵じゃないので、♂がフェロモンをこすりつけているのかな?(想像)

クロウリハムシ_

クロウリハムシ
こいつたちには、深い恨みがあります。ちっちゃいのをいいことに、集団でやってきて、僕の大事なズッキーニを全滅させてくれたムシです。茶色いのと黒いのと両方いました。顔がかわいくない!
多分、条件が揃うと短期間で、大繁殖するメカニズムを持ってるに違いない!!アブラムシみたいにいっぱいわいて、ズッキーニの小さな実がみんなだめになってしまいました。

クロキシタバ幼虫?_

クロキシタバの幼虫?
透明なボディ、レモンイエローのアクセントと黒い水玉。夏にふさわしい涼しげなデザイン!?
暑い中、一生懸命生きていました。


ヒメキンミズヒキ_

ヒメキンミズヒキ

トラノオ?_

トラノオ_

トラノオ
スポンサーサイト

烏森神社の蝉の声

先週、スコールの様な雨がたびたび降ったせいか、今週は、ミンミンゼミが復活している。きっと、ツクツクボウシも鳴いているのだろうが、
ミンミンゼミの声にかき消されて、事務所の中までは届かない。
深い地面から、いつ這い上がろうかと考えるとき、やはり、雨が関係しているようだ。
鳴き声の周期もあるんですね!先ほど、あんなにやかましく鳴いていたのに、
ふと気づくと、控えめのコーラスに変わっている…。
近くで鳴いていたミンミンゼミが飛んでいっただけかな(笑)?!

ニイニイゼミの抜け殻も見つけているのだが、はて、どんな鳴き声なんだろう。

アメリカオニアザミ

昆虫撮影スポットとしてチェックしていたのに!
代官山ヒルサイドテラスの脇から、中目に抜ける裏道沿いの奥に、野原がありました。林と草っパラのそこそこのスペースがあり、ジャコウアゲハらしき蝶も目撃していたのですが、先日訪れると、厳重に柵で囲まれ、入れなくなっていました。無念!!フェンス越しに、中を覗くと、背の高いアザミが沢山生えていました。和名アメリカオニアザミ。でも、原産はヨーロッパ、(いい加減な名前つけやがって!)スコットランドの国花だそうです。棘だらけで、うかつには触れないけど、根、つぼみ、葉っぱ、みんな食べられるそうです。アーティチョークみたいな味だそうです。

アメリカオニアザミ

アメリカオニアザミ

烏森神社でツクツクボウシ初鳴き観測

烏森神社の蝉のこえの勢力図もだんだん変わってきました。
アブラゼミがチョット元気無く、ミンミンゼミの合唱も、ソロっぽくなってきました。
先ほど、一服のため外に出ると、ツクツクボウシが鳴いていました。
中目の駅に向かう、桜並木からは、先週、新宿御苑からは、先々週、それぞれ聞いていたのですが、
いよいよ、夏の終盤ってことですかね。
 そういえば、蝉って、前に歩けるのかな?
この間、観察していたら、横歩きしかしていなかった。
だとすると、幼虫は縦歩き、脱皮した瞬間から横歩きになるのかな?
縦歩きするか、そっとお尻を突っついてみたのですが、歩かずに、飛んでしまいました。
当たり前か(笑)

入間川河川敷の昆虫

キリギリスって、大きい!
そういえば、キリギリスって、まだ、撮ってなかったんだ。なんとなく、イメージでは、ウマオイや、マツムシ、ツユムシと同じ様なイメージを持っていました。でかい!50mm位あったんじゃないかな?幼虫はベジタリアンですが、成虫は昆虫も補食する大食漢だそうです。

キリギリス2
キリギリス

キマダラセセリ2

キマダラセセリ

キマダラセセリ

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ

コシロシタバ

コシロシタバ
見事なカモフラージュ。一瞬飛んでいるとき、タテハ?ヒカゲ?と目で追った後近づいてみる
と、見当たらない。ようくさがすと、このガを見つけました。表翅は、カモフラージュで地味ですが下翅は、濃い青紫に白い斑が入った以外と蝶っぽい奇麗な模様でした。

コフキゾウムシ

コフキゾウムシの交尾
ちっちゃなゾウムシの仲間。足先の形が、ちょっと変わっているのですが、この写真では判りませんね。

ホソヘリカメムシに騙された…!!?

川越市を通る入間川の河川敷には、野原と森が続いています。
今朝、バイクで通勤途中、最近購入したリコーのコンデジのテストがてらチョット立ち寄りました。
ホソへリカメムシが、野原の葛の葉に沢山いましたが、そこら中、アシナガバチが飛んでいて、ドキドキ。戻ってから生態を調べると、ムム!?あれは、もしかしたらアシナガバチじゃなくてホソへリカメムシの擬態??良く観察しなかったので断言はできませんが、ホソへリカメムシは、飛んでいる姿がアシナガバチにベーツ擬態するとありました。ついでに、幼虫は、蟻に擬態しているそうです。
 ホソへリカメムシは、大豆等マメ科の害虫。害虫駆除のために研究が進んでいて、腸内細菌は、人に似ている。細菌の種類は、個体差があり、母子間で受け継ぐのではなく、生まれ地で、腸内細菌として有用な細菌を取り込むとあり、消化器官の解剖写真がありました。なんと器用な人がいるもんだ!
 最新の殺虫兵器の研究では、ホソへリカメムシ集合フェロモンの合成で一網打尽にするか、天敵の寄生蜂の集合フェロモンで繁殖を抑える研究がされているそうです。
 
ホソヘリカメムシ1

ホソヘリカメムシ4

ホソヘリカメムシ3
 
ホソへリカメムシ

目黒 烏森神社の蝉

相変わらず、蝉が元気に鳴いています。ミンミンゼミの声が大分小さくなり、アブラゼミが多いのかな?2~3日前、ミンミンゼミが夜なべで鳴いていました。3時くらいに一度静かになったかと思ったら、朝4時過ぎから大合唱。そろそろこのあたりもツクツクボウシが鳴き始めるのかな?

参道

アブラゼミ1

アブラゼミ2

アブラゼミ
夏の空のバックコーラス担当。この声を聞くと、甲子園高校野球を思い出します。

ミンミンゼミ2

ミンミンゼミ1

ミンミンゼミ
こちらは、メインボーカル担当。ミンミンゼミって奇麗だよね?
そろそろ終わりが近そうです。
そういえば、そのうち、東京でもクマゼミが鳴くのかな?
鹿児島の実家では、死にそうに暑い日差しの中、クマゼミが「シヌ~ッ!シヌ~ッ!シヌ~ッ!」と鳴いていました。ただでさえ暑いのに、クマゼミに鳴かれたら、きっと熱中症患者がうなぎ上りに増えてしまいそうです。
それから、あれだけ抜け殻が落ちているのに、命つきた蝉の死骸って少ないとおもいませんか?
アメリカの15年ゼミは、森の地面いっぱい死骸だらけで、また土に帰るんだなんて解説していましたが、数が違うけど、もっと落ちていて良さそうなのに…。それを言ったら、鳥も不思議。雀に、カラスに鳩。事故死は見たことあるけど、よぼよぼじいさんの鳥って見たことがありません。どこで死んでいるのだろう。

箱根の昆虫

芦ノ湖の湖畔の関所跡から、湖畔ぞいの散策路が続いています。鳥は全然判らないのですが、素敵なさえずりの小鳥たちが沢山いました。

hosikamikiri2.jpg

hosikamikiri.jpg

ゴマダラカミキリ
久しぶりに遭えました。子供の頃、小平市に住んでいたのですが、雑木林がまだ、沢山残っていてカミキリをよく捕りました。でも、探せば、まだまだ都会の森にもきっといるんだろうな?!アマゾンの子供が20cmくらいのでっかなカミキリムシを両手で持っている写真を見たことがあるけれど、日本のこれくらいのサイズ(35mm位)がちょうどいい。このサイズでも、充分迫力がありました。

アサギマダラ

アサギマダラ2

アサギマダラ追加

アサギマダラ
芦ノ湖から、ケーブルカーで駒ヶ岳に登ると、アサギマダラが飛んでいました。
中々、近くに来てくれないのですが、トレッキングコースの林に入ると、
あちこちの木にじっとぶら下がる様にとまっていました。
ほのかに水色がかった、優雅な飛び方をする森の妖精でした。
羽根についた黒っぽい痕。♂のマークだそうです。
アサギマダラの毒は、幼虫期に食べるキジョラン(ガガイモ科)と、
成虫になってヒヨドリ花の蜜などによるアルカロイドが体内に蓄積したもので、
そのバランスや、量によって、性的な成熟度を決めるそうです。
♂は、お尻にヘアベンシルという器官があり、フェロモンを分泌して、♀をよびます。
繭は金属光沢のある美しい青緑で、幼虫、繭、成虫と目立つ色をしています。
これも、警戒色で、鳥たちに、はっきり毒があるぞ!と判る様にしているんですね!
撮影したのが、8月中旬。夏は、高地の涼しいところで過ごし、秋になると低地までおりてきて、
その後、南下し、春に北上をはじめる「渡り」蝶として、各所で生態調査が行われています。
ベーツ擬態の主役であり、カバシタアゲハ(日本にいません)があるそうです。

擬態好き仲間発見!

昆虫の擬態関連を検索していたら、脳学者の茂木健一郎さんのブログを見つけた。
彼も昆虫好きなんだ!しかし、あの忙しい毎日の中で、ちゃんと自分の好きな世界に浸る時間が持てるとは、やっぱり、常人ではないな…と感じました。
彼の記事に紹介されていたのは、ジャコウアゲハの仲間の毒蝶、ベニモンアゲハに擬態しているシロオビアゲハの♀のお話。
 シロオビアゲハの♀には、擬態しているのと、いないのと2種類のがいるそうな。雄からは、正統派の♀が人気なのだが、圧倒的に擬態派の♀の方が生存率が高いため、頭数が多いという話でした。
 僕には、オスに人気の問題より、2種類のタイプの♀がある方が不思議でしょうがない。
♀だけ擬態して、♂と全然違う模様のツマグロヒョウモンやメスアカムラサキだけでも不思議でしょうがないのに。どう進化論を解釈すれば、そんな両方とか、♀だけとかの淘汰的変化が起きるのだろう。
 昆虫学者の人たちには、ちゃんと、ああだからこうなって、けっか、こういう現象が起きるのですよ!なんて、スッキリする答えがあるのかな?

箱根シリーズ 湿生植物園

お盆に家族で、箱根を旅行しました。湿生植物園を見つけ、カメラを持って、行ったのですが、30分もすると、スコールになってしまい、ほとんど収穫はありませんでした。とても良いところだったので、また、チャンスを見つけていきたいと思います。

湿生植物園

蓮2

蓮3

ヒメキマダラセセリ

新宿御苑 ビオトープ 母と子の森

新宿御苑に近年完成した、ビオトープ、母と子の森。まだ、出来てから日が浅くさほど期待は出来ませんが、これからが楽しみな都心のスポットです。大木戸口には、広い駐車場があり、車でも行けるのでとっても便利。御苑には、他にも池があり、林の中も自由に入っていけます。

アカスジキンカメムシ2

アカスジキンカメムシ寄り

アカスジキンカメムシ

siokara.jpg

シオカラトンボ

kuroitotonnbow.jpg

クロイトトンボ?

kokamakiri.jpg

kokamamakiri2.jpg

コカマキリ

ベッコウハゴロモ

ベッコウハゴロモ

sukebahagoromo.jpg

スケバハゴロモ

イオウイロハシリグモ

イオウイロハシリグモ

niiniizemi.jpg

ニイニイゼミ?の抜け殻

訪問したのは、8月8日。この日、はじめてのツクツクボウシの声を聞きました。
今年は蝉が少ないと、よくニュースで言っていますが、本当だろうか。目黒の事務所、この御苑、いずれも元気に鳴いています。ミンミンゼミはそろそろ焦り始めているらしく、事務所の周りでは、夕べ(8月11日)夜中に元気に鳴いていると思ったら、朝、5時前から、一斉に鳴き始め、おかげで寝不足気味です。

植物の気持ち

azami1.jpg

azami2.jpg

オニアザミ
霧雨の中、花を閉じ、じっと暖かくなるのを待っています。

gisigisi.jpg

ギシギシの葉だろうか、シロツメクサとの自然のフラワーアレンジメント

hasunoha2.jpg

朽ちた蓮の葉のうえで、種の保存に精を出すオンブバッタ

明治神宮の自然

明治神宮の中も、自然がいっぱい。わき水が出ているし、池もあり、雑木林の中には、カブトもいます。ハチウ類、両生類、昆虫…。スズメバチに注意。

daisagi.jpg

ダイサギ

kame.jpg

??

kame2.jpg

??

すっぽん

ちょう巨大なニホンスッポン

ニホントカゲ

とても美しいニホントカゲ

オオシオカラトンボ

おおしおからとんぼ2

オオシオカラトンボ

miyyamaakiakane2.jpg

miyamaアキアカネトンボ2

ミヤマアキアカネ

akiakane.jpg

アキアカネ

白金自然観察園の自然

白金の自然観察園は、都会の真ん中なのに、中に入るとコンパクトですが別世界。森の真ん中に沼があり、先日放映されていましたが、カワセミの子育てが館内の定点カメラで、観察できます。ヤマハンノキがいくつか生えていて、ミドリシジミが確認されています。これからも、定期的に訪問しようと思います。

カワセミのいる池

湿地帯

kusahuji.jpg

クサフジ

toudaikusa.jpg

トウダイグサ

キアゲハ若齢幼虫

キアゲハの幼虫?

アカスジカメムシ

アカスジカメムシ2

アカスジカメムシ3

アカスジカメムシ
随分オシャレな大型カメムシです。このカメムシは、パクチーの匂いはしないそうです。危険昆虫ぽく、派手なデザインですが、毒も匂いも無いらしい。トウダイクサ(有毒)の汁を吸っていました。

togarianabachi.jpg

トガリアナバチ
背中が鎧の様に固そうなカリバチです。地面に穴を掘って暮らしています。[ファーブル昆虫記]では、カマキリを捕獲すると紹介されていますが、主に、バッタ類を食べるそうです。

ルリシジミ

ルリシジミ
シジミ蝶に近いけれど、花よりも、薄暗い山道などで良く見かけます。

ヤマトシジミ2

ヤマトシジミ

murasakisizimi.jpg

ムラサキシジミ
一見地味ですが、羽根を広げると鮮やかな青紫の輝きが現れます。

kinbae.jpg

キンバエ
近年、大注目されています。キンバエの幼虫を利用した糖尿病などによる下肢等の壊死の治療で、今まで、切断するしかなかった状態でも、治療できる様になったそうです。

オオミスジの求愛

普段、なかなか裏を見せてくれないのですが、このときは、ずっと二人の世界に入り込んじゃっているので、色々撮らせてもらいました。茶色いのが♀、見えにくいですが、黒いのが♂です。

オオミスジチョウ交尾

オオミスジ2

カマキリのおしゃべり

waraukamakiri1.jpg

warau kamakiri2

warau kamakiri3  

これも擬態?はちと言うよりハチドリ?


よく、近所の公園の植木や、花壇を飛んでいるオオスカシバ。とってもきれいなハチドリの様なガ。今日は、事故死か、寿命か、死んだ個体を見つけました。ホバリングしながら花の蜜を吸うので、なかなか近づいて撮れないのですが、はじめて接写出来ました。死んでいるのですが、カッコいいデザイン。SF映画の不時着した宇宙船みたい。  羽化したばかりの羽根は白く、羽ばたくと鱗粉が全て落ちて透明になるそうです。でも、根本的な疑問として本当にガの仲間なの?って考えてしまいます。

オオスカシバの死骸1

オオスカシバ3

oosukasiba.jpg

オオスカシバ

蜂とアブ、やっぱり見分けは難しい


ハチは羽根が4枚、アブは羽根が2枚。最近知って、なんだ、見分けるの簡単じゃん!と思い、君たちは、2枚だから、アブだね!と確信して、(安心して)アブの写真を撮って来たのですが、大間違えに気づきました。ハチでも、よくよくみないと後羽根が小さくて見えないのがたくさんいる!で、これはヒメハナバチの仲間?調べても、どれもそっくりで違う様な??巣は地中に穴を掘り、単独で暮らすもの、コロニーを作り、集団生活するもの、いろいろあるらしい。ネットで調べていたら、普段は、普通の顔をしているのだが、蜜を吸うときは、自分の顔よりも長い、でっかな、(エイリアンの口の中から出てくる口みたいな)口器を手品の様にだし、色んな形状の花の蜜を吸うらしい。どうやって収納しているのかとっても不思議。

コハナバチ1

コハナバチ2

ヒメハナバチ

セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチ
こいつも、確かにアシナガバチっぽくて、怖そうな面構えなのだが、どう見ても2枚羽根にしか見えない。おまえ、うまくベーツ擬態してるな~!なんて、ニワカ知識で勝手に思い込んで、安心してギリギリ近づいて撮っちゃいました。アブね~アブね~!ミューラーさんのほうでした。

シオヤアブ

シオヤアブ2

シオヤアブ
こっちが、アブ!羽根の付け根のちょっと後ろの白っぽい点が、退化した後ろ羽根の跡、平均コン。そうだ、福島育ちの義理父が、アブを捕まえて、この平均コンを取るとまっすぐ飛べなくなるんだぞと、孫たちの前で実演していました。確かに、くるくる螺旋状に変な飛び方になっていました。以前飼っていた猫の脇腹に、荷造りテープを20cm位ペタッと貼ったら、まっすぐ歩けなくなりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。